キャンペーンを行っている3年固定の住宅ローンの内、3年固定と長期の固定金利を組み合わせたミックスプランを見て行きます。

組みあわせる3年固定金利と長期固定金利の割合は3年固定を50%以下、長期固定を50%以上に設定する必要があります。

尚、3年固定 金利の部分は、期間終了後の金利も店頭の表示金利より、年1.6%~1.7%の金利を割り引いてもらうことができます。

住宅ローン お借り替えをお考えのお客さま   三菱東京UFJ銀行

固定3年特別金利住宅ローン(ミックスプラン)

利用いただける方
●平成26年8月7日(木)~平成26年10月31日(金)に正式にお申し込みいただき、
平成27年3月31日(火)までにお借り入れいただけるお客さま。
●保証会社(三菱UFJ住宅ローン保証㈱)の保証を受けられるお客さま(借入時に20歳以上70歳の 誕生日まで、ずーっと固定金利コースは59歳の誕生日まで、完済時に80歳の誕生日まで)。
●団体信用生命保険にご加入が認められるお客さま(保険料は当行が負担いたします)。
●お借入総額が住宅の建設費または購入価額の範囲内のお客さま。
お借り替えの場合は、当初ご購入時のお借入総額が住宅の建設費または購入価額の範囲内の お客さま。
●お借入金額の50%以上の割合で「ずーっと固定金利コース」を併用されるお客さま。
●同一勤務先に満3年以上勤務されている方で、当行にて給与振込(当行規定による)をご利用中のお客さま。
●「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」および「三菱東京UFJダイレクト」をご利用中
または今後ご利用いただけるお客さま。
●日本国籍のお客さま、または永住許可等を受けている外国人のお客さま。

資金使途
●ご自身がお住まいになる住宅の建築・購入・増改築資金、住宅ローンの借替資金・借り替えに伴う諸費用。
※購入物件の所在地や面積等によりご利用いただけない場合があります。
※不動産は、建築基準法およびその他法令の定めに合致していることが必要です。
※建築会社、不動産会社との提携ローンでは住宅ローンの借替資金・借り替えに伴う諸費用にはご利用いただけません。

借入金額
●30万円以上1億円以内(10万円単位)
※返済計画に無理のないよう年収による制限があります。
※保証会社の担保評価や同時に利用される公的融資の金額等により制限される場合があります。

借入期間
●《固定3年特別金利住宅ローン》 3年以上35年以内(1年単位)
《ずーっと固定金利コース》 21年以上35年以内(1年単位)
※中古物件の場合等は一部制限があります。
※住宅ローンの借り替えの場合は、借替対象の借入期間により制限される場合があります。

借入利率
●借入利率は毎月見直しを行います。金利動向によっては月中に変わることがあります。
また、予告なく本商品のお取り扱いを中止させていただく場合があります。
《固定3年特別金利住宅ローン》
●当初固定特約期間中は店頭表示金利比年2.45%、当初固定特約期間終了後は、お借入期間中、
完済まで店頭表示金利比年1.6%~最大年1.7%差し引かせていただきます(以下、「特約利率」)。
※当初固定特約期間終了後の店頭表示金利からの引下幅は、審査結果等により決定します。
●金利タイプについて、くわしくは別表1、2をご覧ください。
《ずーっと固定金利コース》
●お借入時の適用金利がお借入期限まで適用されます(お借入期間中の見直し・変更はありません)。
●お借入期間中は、「変動タイプ」「固定特約タイプ」への変更はできません。

返済方法
●「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」からお選びいただけます。
<元利均等返済方式>
毎月決まった金額(元金+利息)を、返済用預金口座より自動引き落としさせていただきます。
《固定3年特別金利住宅ローン》部分
※返済額について、くわしくは別表1、2をご覧ください。
<元金均等返済方式>
毎月決まった元金に利息を加えた金額を、返済用預金口座より自動引き落としさせていただきます。
※元金の減少や借入利率の変動に伴い返済額は毎月変わります。
●「毎月返済」と「毎月返済とボーナス月増額返済の併用」からお選びいただけます。
※ボーナス月増額返済に充てることができるのは借入金額の50%以内です。原則としてご指定の 6ヵ月ごとにご返済いただきます。
●借入時から最長1年間の元金返済の据え置き(1ヵ月単位、利息は毎月払い)もできます。
●返済日は6・11・16・21・26日のいずれかからお選びいただけます。
※提携ローンの場合等には、上記以外の返済日にしていただく場合があります。
※返済日が土・日・祝日等の場合は翌平日窓口営業日となります。
●親子が連帯して債務者となる親子リレー返済はご利用いただけません。

担保
●ご購入になる土地・建物または借替対象となる土地・建物に保証会社を抵当権者とする抵当権を設定していただきます。
※担保設定費用は、別途ご負担いただきます。
●建物には長期火災保険をつけていただき、保険金請求権に保証会社を質権者とする質権を設定していただく場合があります。
※担保設定費用は、別途ご負担いただきます。

保証人
●保証会社の保証をご利用いただきますので、原則として保証人は必要ありません。
※保証会社からの求めにより、保証会社に対する保証人が必要になる場合があります。